植物と暮らしの研究会

テーマ
「野草がもたらす新しい日常」

花も野菜も雑草も、みんな植物、区別してるのは人だけ。身の回りの植物も活かし方ひとつで見え方が変わってきます。植物採集して押し花をつくったり、佐賀のガラスや和紙で飾ってみたり。人と自然の関係性を考察しながら、新たな「いろどり」をご紹介します。

福岡 / tsumugi / 花屋店主

無農薬・無化学肥料で花や草木を育てながら、花と植物・野草にまつわる仕事をされている。主に採取した植物を使って空間をいろどったり、季節の花教室やワークショップ、こどものはなあそびなどを開催したり、月に一回、博多の花アトリエを花屋としてオープン。日常の花や、贈る花などの提案と制作も行っている。

イベント情報

2.9『いろどる』紙とくらしと植物と ―足元の草花でくらしにいろどりを―

草花を一緒に摘んで水揚げし、和紙の”うつわ”に生けてみよう。

場所:基山フューチャーセンターラボ(三養基郡基山町宮浦182-1)

時間:13:00〜16:00
講師:サワムラヒナ(花屋tsumugi 店主)
参加費:無料 <要予約>
概要:近くで草花を一緒に摘み、草花のお話や水揚げのやり方、押し花の作り方を教わります。水があがったら、和紙でできた”うつわ”に実際に生けてみましょう。

お申込みはこちら 過去の活動を見る